犬なのに猫の足


今の住居は2階建ての戸建てです。
モモは私と1階の部屋で寝起きをしています。
2階はお婆ちゃんと弟の部屋になっているのですが、ある時期、 お婆ちゃんの部屋のゴミ箱を引っくり返すのがマイブームになったことがありました。

ドタドタと階段を上ってなかなか降りて来ないなと思ったら、お婆ちゃんの部屋のゴミ箱を引っくり返し、ゴミを散らかして楽しそうにしていました。
「止めてね」と言ったら、お婆ちゃんも下の部屋にいて、皆で談笑をしている隙に、足音を立てずにコッソリ2階に行くようになりました。
そしてゴミ箱を引っくり返し、ゴミを散らかして、一人で楽しく遊ぶのです。

犬は猫と違いドタドタと足音を立てて歩きますが、それを私達に気付かれないよう、足音を立てずににコッソリ行くという、 その考えの奥深さに私はとても関心したものです。
本当に、ただただ「すごいな。」と思いました。

せっかくですから、お婆ちゃんにはゴミ箱に危ない物を捨てないようにしてもらうことにしました。
だって、皆で談笑をしている隙に、足音を忍ばせて行ってしまうのですから、どうにも止めようがありません。
それに、危ない物さえ入っていなければ、ゴミ箱くらい引っくり返して遊んでも、別に目くじら立てるようなことでもありません。
そういう遊びでモモは楽しんでいるのですから、片付けるのが面倒だとかは言えませんし、特別「悪いこと」でもありません。

生ゴミや危険ゴミを入れるゴミ箱は、ちゃんと蓋付きのを使っているので大丈夫です。
なので、お婆ちゃんの部屋の使用済みのティッシュなどを入れるような小さなゴミ箱を引っくり返して遊んでも、ガミガミ言うほどのことはありません。
「モモはそうやって遊ぶから」と、安全なゴミだけ捨てていればいいんです。

犬なのに猫のように足音を忍ばせて歩くとは、本当に関心してしまいます。
モモは、知恵を働かせて遊びました。
頭使ってイタズラします
inserted by FC2 system