テコの原理


2013年の秋ごろ、モモは、テコの原理を覚えました。

私は朝は、弱いです。毎朝、意識不明の眠たいです。
ちゃんと目覚ましをセットしなければ、10時間は意識が戻りません。
生まれてこの方、ずっとです。。

モモは、寝起きがとても良く、毎朝パッと起きれます。
そして、早く朝ご飯をもらいたいと思っています。
早く早く、もらいたいのです。
ですが、ワンワン吠えて起こすような事はしません。
健気にも、バタバタ暴れたりもしないのです。

犬の超能力だと思うのですが、私がウトウトと眠りから覚めかけると、横で眠っていたモモはムクリと起き上がります。
その前からも起きているのかもしれませんが、私は眠っているので分かりません。
意識の気配を感じたモモは、私の横にお座りをし、そして私の顔を見下ろします。
ここでニヤニヤしてはいけません。ニヤニヤすると意識があるのがバレるのです。侮れません。
表情と呼吸の速度を保ちながら寝たふりを続けていると、「気のせいか…。」と、再びモモは口惜しそうに眠りにつきます。
犬は狸寝入りなどしませんので、多分私のそれが分からないのです。

そしてある日のこと、「どうもおかしい」と、自分の直観を信じたモモは、
ニヤニヤしないようにニヤニヤしている、私の首に近い肩の辺りにグイッ!を鼻を突っ込んで、
テコの原理で「えいっ!」と私を引っくり返したのでした。
犬がテコの原理を使うことに、私はびっ…くりしました。
朝ご飯を早くもらいたいモモ うすうす私が目を覚ましているのに気付いています 鼻を方の辺りにぐいっと差し込んで テコの原理で引っくり返します
それがあまりにも面白かったのでもう一回元の形に戻って、私は何度も引っくり返してもらうのでした。
モモは早く朝ご飯をもらいたかったのに、作戦失敗したようです★
inserted by FC2 system